本当に髪と頭皮に優しい育毛シャンプーはどれだ?本当に効果のあるものはどれだ?

良いシャンプーを選ぼう!

海水浴のアフターケア

夏になるとレジャーの季節ですが、どちらも髪や地肌には大変ダメージが受けやすい環境です。

紫外線はもちろんのこと、海水には髪を傷めてしまう要素がたくさん在るのです。 髪は弱酸性のph5位が良い状態といわれています。 これに対して、海水はph8の弱アルカリ性となっています。 頭皮やお肌に関しても、弱酸性が良い状態なのですが、万が一アルカリ性に傾いてしまっても、 中和機能が働き、自然に元のph値に戻る機能があります。しかし、髪はそうもいきません。 髪の角質化されている細胞は、頭皮に出てきたときに、自分では再生が出来なくなります。 人の手で、お手入れをしてあげましょう。

海水には他にも、塩化マグネシウムや、硫酸カリウムなどによって、ダメージを受けます。 髪の形成成分であるケラチンたんぱく質を溶かされ、水分は必要以上に出てしまい、 内部はがさがさの状態になってしまいます。 放って置くと、手触りもぎしぎしになりますね。 この場合一刻も早く酢などの酸リンスをしてph値を元に戻してあげることが理想的です。 小さな替えスプレーなどに、薄めた酢を入れて持って行き、 海から上がったらささっとスプレーをして頂くのはいかがでしょうか。 臭いが気になる方は、市販の酸リンスが出ているようですので、そちらを利用しても良いですね。 お肌のためにも、お水のシャワーを浴びて海水を落としましょう。

知り合いのサーファーは、ポリタンクに自宅から水道水を入れてきて、帰りに浴びてくるそうです。

髪の内部のケラチンたんぱく質が、塩化マグネシウムによって溶けている状態なので…

熱いシャワーより、ぬるま湯や水が正解ですね。 髪は熱にも弱いので、キューティクルが開き、追い討ちをかけるように、内容成分が流れてゆきます。 酸リンスで、キューティクル表面を引き締めて、ph値をコントロールしてからシャワーをして、 洗い流さないトリートメントで応急ケアをします。 さらに、その日のうちにアミノ酸の薬用シャンプーでケアをするのが、宜しいかと思います。 アルカリに一度方寄ったお肌は、1週間程かけてダメージを整えます。 その日のうちに、アミノ酸系の薬用シャンプーで洗うことで、お肌の回復力や次に生えてくる髪に影響が出てきます。

余談ですが、海水浴といえばクラゲの被害に遭われる方も多いですね。 種類にもよりますが、刺されたらお酢で解毒をうながせることがあります。 刺されたら、真水では無く海水でよく洗い、ムヒや、通常皮膚炎で処方される薬でケアしますが、 薬が無い場合、酢をたっぷりかけてあげると痛みが和らぎます。猛毒ハブクラゲや、 アンドンクラゲなどの応急処置に使われます。 しかし、紫色のカツオノエボシには逆効果ですので、決して使ってはいけません。 海水で洗い、すぐに病院に行きましょう。