本当に髪と頭皮に優しい育毛シャンプーはどれだ?本当に効果のあるものはどれだ?

良いシャンプーを選ぼう!

ストレスなくして白髪予防

白髪は遺伝だから、抜け毛も遺伝だからと、諦めている方に良いニュースです。

2つとも予防できるのです。 シャンプーや、生活習慣を見直しするだけで、変わってきます。 白髪には、老化が原因と、まだ、細胞に力が残っているのに、白髪になってしまう場合があります。 後者のほうですが、ストレスが原因の場合がほとんどです。 ストレスと一言でいっても、女性の場合は複雑です。物理的ストレス、内面での精神的なストレス。 物理的なストレスでは、紫外線や、暑い寒い、忙しくて睡眠が取れない、 タバコなど悪環境に曝されなくてはいけない、花粉や砂塵など、様々です。 このストレスに内面的な精神的なストレスが加わります。 人によって、感じ方はいろいろ在るので、精神的なストレスは、どの程度で細胞の形成に関わるのかは 個人差が在ると思います。

職場や、学校で昇級試験や、受験期などで髪に影響が出ている方がいました。まだ10代、20代です。 試験も終わり、日々の生活が戻り始めた頃から3ヶ月ほどで、髪の状態も改善してきました。 状態が悪いときは、潤いが無く、ぼわぼわばさばさとした感じで、根元に白髪まで見えていました。 マッサージなどで血行を良くして、リフレッシュしたらどうかということと、 デリケートな状態なので、シャンプー剤を変えて見たらどうかということを提案しました。 髪の不調は健康のバロメーターですから、心配です。 数ヵ月後、薬用アミノ酸系のシャンプーの威力も在るのでしょうが、見事に改善していてびっくりしました。 試験が終わり、比較的バランスの取れた食生活をこころがけ、眠るようにしたそうです。 あとは、楽しみが沢山増えたのでしょう。羨ましいことです。

この生活習慣というのは、彼女たちの様に一時的なら良いのですが…

長年続けているとなかなか変えられませんね。

目標があれば、アクションを起こせるのでしょうか。 私は石鹸やシャンプーを変えたときにアクションを起こしています。 憂鬱な季節などは、石鹸だらけになります。 生活習慣を変えると、気分も変わりますし諦める前に白髪、抜け毛予防キャンペーンを開催しませんか。 期間はシャンプーが無くなるまでです。 体を休める習慣をつけ、和食を中心としたバランスの良い食事をとり、シャンプーはアミノ酸で、地肌を労わる。 そして、帽子を忘れずに、一日一度はマッサージの習慣をつける。 ご褒美は、サロンでヘアエステです。

ところで、タバコを吸われる方ですが、毛細血管の萎縮や、ニコチン、タールなど有害成分が体に吸収されますので、 白髪や薄げなどのリスクは大きいことと思われます。 アルコールも飲みすぎには注意ですね。肝機能の低下により、脱毛なども起こりやすくなります。 女性ホルモンのバランスが良くないときなども、髪質は大きく変化しますので、無理をせず専門医に相談しましょう。 最近では、女性のカウンセラーや、先生がいるレディースクリニックも増えてきましたね。