本当に髪と頭皮に優しい育毛シャンプーはどれだ?本当に効果のあるものはどれだ?

良いシャンプーを選ぼう!

ブドウのオイル

毛髪に良い油と言われると、高級オリーブオイルや椿油とか、ホホバオイルやらいろいろありますね。

最近ブドウから抽出したオイルの話を聞きました。食用でも大変脚光を浴びているオイルだそうです。 食用の、グレープシードオイルというオイルです。 オリーブオイルのような大変ヘルシーなオイルということですが、 ポリフェノールやビタミンEが豊富に含まれているのです。 この、プリフェノールやビタミンEには、大変優れた抗酸化能力があるのです。 体内に出来てしまう活性酸素に働きかけて無くしてしまおうとしてくれるそうです。 コレステロールを下げてくれたり、動脈硬化の予防にもなります。

花粉症や、アトピーなどにも効果的といいます。 なぜ、アトピーに効くのかまでは研究中みたいですが、ビタミンEには、血行を良くしたり、 細胞の老化を防ぐ働きがあります。 ポリフェノールが、豊富に含まれているオイルということで、血中のコレストロール値をさげる働きもあります。 通常リノール酸は酸化が早いのですが、グレープシードオイルは豊富なポリフェノールやビタミンE のおかげで、酸化しにくいそうです。

アトピーなど皮膚の炎症など伴う場合

この酸化しにくい性質に関係があるのかもしれません。

グレープシードオイルには、抗酸化作用があり、 発ガンの元となる過酸化資質が作られにくくなるので、抗がん作用の働きも期待されています。 ただ、リノール酸を多く含む成分なので、多く摂取すれば、体へ悪影響を起こす成分へと変わってしまいます。 多く摂取しすぎない様にしてください。 リノール酸を含まない、オリーブオイルと一緒に使っていくと良いでしょう。

ビタミンEなどのおかげで、炎症などを起こしにくい為、胃が弱い方や、病気治療をされている方、ご年配の方 にも、お使い頂きやすいのです。 250度の高温になっても煙が出ないため、てんぷらやフライなどにもおいしく頂けるのも特徴の一つです。 また、さらっとして軽い油なので、お料理にも合わせやすいのも好まれる大きな理由かも知れません。 手や髪になどに使用してもべたつかないので、マッサージや美容効果を求めて使われる方も増えています。 ここでも、ビタミンEが、効力を発揮しています。抗酸化作用のため老化予防に一役買っているのです。 さらに、酸化しにくいので、添加物を混和させずにすむのはありがたいことです。

あかちゃんのボディマッサージにも使えます。 シャンプー前にオイルをつけてから洗い上げると、きしみも無くべたつかづ、 ふわっとした優しい洗い上がりになります。 アロマオイルの原料としても使えますし、値段も高価過ぎないので、いろいろな分野での期待が高まっています。 原産国ですが、ブドウを使って作りますので、主にワインを作る国での輸入がメインです。 なかでも、チリ産のものは、ポリフェノールが2倍もありますので、人気があります。 色も付いておりも、淡いグリーンだそうです。 消費者のニーズが高まっていますので、身近なスーパーでもいろいろな種類が置いてあります。 お買い物ついでに探してみてください。