本当に髪と頭皮に優しい育毛シャンプーはどれだ?本当に効果のあるものはどれだ?

良いシャンプーを選ぼう!

花粉とヘアケア

春先は、季節風などの影響や黄砂など、細かい塵や砂、埃、花粉などの影響も受けやすい季節です。

体や、皮膚、頭皮が痒いなどの症状も、この時期に起きやすいようです。 頭皮に皮脂や汗、ヘアケア剤などと共に汚れが付着しますと、細かい粒子の粉塵や、花粉などは 毛穴の奥底まで入り込んできます。 簡単に洗うだけでは、この入り込んだ汚れは落ちません。 ブラッシングやマッサージをして頭皮に皮脂を出させて、浮かせて落とします。 シャンプー剤も優しく洗い上げられるもの、地肌に優しいものが良いです。 薬効性のある、薬用シャンプーなどで、地肌の炎症を抑える働きがあり、 低刺激で潤いなども期待できるものがあれば、そちらを使用します。

炎症を抑えれば、次第に痒みは無くなってゆきます。 汚れを落とそうとして、クレンジングのみに偏ってしまうと、炎症はますます悪化しますので、 注意が必要です。 一般的に、お肌といわれている頭皮の表面の部分の角質層は、厚さがなんと0,02ミリくらいなのです。 この角質層には、様々な働きがありますが、0,02ミリの厚さですから、大変傷つきやすいのです。 爪を立ててがりがりと洗っては角質層はぼろぼろになってしまいます。 優しく汚れを浮かせながらの洗髪は大変重要なことなのです。

花粉や、黄砂に含まれている化学物質も危険な汚れです。

花粉や黄砂は粒子が大変細かく、季節風に乗って我々の元にたどり着く前に大気中を飛んできます。

この時に、光化学スモックなどの化学物質が付着してしまうのです。 呼吸器内に入れば体内に吸収されますし、目やのど、鼻などの粘膜からも入り込みますが、 髪にも、頭皮にも付いてしまいます。これがアレルギーの原因となる事もあります。 この時期にはサングラスで、目の保護をして、マスクで鼻、呼吸器を守る方も多いですね。。 髪や頭皮も、帽子や、日傘などで保護してあげましょう。 帽子を選ぶときは、つばの広い大き目のもの方が紫外線対策には有効です。 紫外線防止の素材や、簡単に洗えることなども購入に際はお気をつけ下さい。 外出から戻ったら、掃除機で一度吸い取ってから濡れタオルでよく拭いて乾かしましょう。 粉塵が多い日などは十分に水洗いもしたいところです。

髪の結び方や、ヘアスタイルによっても地肌のダメージが防げるようです。 この季節はなるべく結わいて頂いたほうが、細かい塵などが頭皮に付着するのを防げます。 ルーズな編み込みは可愛いですが、出来れば分け目や複雑な凹凸は無いほうが付着からは有効ですね。 ゴム止めも毎日洗ってあげましょう。ゴム止めや、ヘア飾りも洗った後は髪同様きちんと乾かします。 水分がいつまでもあると、雑菌が増殖してしまいます。 雑菌が増殖すると、結び目近くのお肌が痒くなりますので、炎症が起こる前に低刺激のシャンプー剤で、 洗ってあげましょう。 爪を立てないように、優しく洗ってあげれば、2,3日で炎症も治まります。 ヘアピンなどは地肌がデリケートなときは、炎症や抜け毛の原因にもなりますので、お気をつけ下さい。